海外FX業者のXMの口コミと評判まとめ

XMのFX口コミ・評判

XM(エックスエム)とは、Trading Point Holdings Ltdが運営している海外FX業者のブランド名です。キプロスにある本社はホールディングカンパニー(持株会社)で、各国にそれぞれの営業ライセンスを取得した子会社があります。

XMグループの中でも日本語表示のサービスを受けられるのは、Trading Point (Seychelles) Limitedが運営するXM Tradingとなります。一般的には、略して「XM」と言われています。XMもXM Tradingも提供されているサービスの内容はほぼ同一です。尚、XM Tradingは、セーシェル国の金融庁(FSA)よりSD010の営業ライセンスの交付をされているので安心です。

XMとは?

XMの評判

海外FX業者とは

海外FX業者とは、日本国外の海外に拠点があるFX取引業者のことをさします。海外FX業者は、海外の金融庁などで営業ライセンスを取得しており、日本の金融庁の規制を受けないので、大きなレバレッジで取引できる特徴があります。

日本も2010年まではレバレッジの規制はなく500倍など大きなレバレッジ取引できるFX業者が多くありました。

しかし、ハイリスク・ハイリターンの取引をする人が増え、FXで大金を掴む人がいる一方破産者も増えた為、金融庁は2010年8月に最大レバレッジを50倍に規制、翌年25倍へ再規制しました。

レバレッジ規制の影響により、ハイリスク・ハイリターンを望むトレーダーは、規制のない海外のFX業者へ流れていったのです。

ただし、2011年当時の海外FX業者は、英語表記や英語サポートのみのFX業者が多く入出金のトラブルも少なからずあったので、一般的に怪しいというイメージがついてしまいました。

ですが、今現在は海外FX業者を利用するトレーダーが増加した為、日本語表記や日本語サポートをする海外FX業者も増え、海外FX業者を利用した経験談をまとめたブログなども多くでてきたことから、信頼できる海外FX業者を見つけやすくなりました。

海外FXとは?

XMに口座開設るには?

最大レバレッジ888倍、投資金以上の損失なし(マイナス残高リセット)を提供するXM(XM Trading)でFX取引を始めるには、まずはXMに口座を作ります。

口座を作る手順は凄く簡単で、インターネット上から口座開設フォームに名前などを入力し、約2分で完了します。もちろん口座維持費は無料なので費用面でも心配ありません。

練習用のバーチャル口座(デモ口座)であれば、更に簡単で約1分ですぐに開設できますしすぐに取引を試すことができます。まずはデモ口座でどんな感じなのか感触を掴んでみるのも良いでしょう。

XMの口座開設について

XMの口座タイプ

XMに口座開設をするときに、「XMマイクロ口座」「XMスタンダード口座」「XM Zero口座」の3種類の口座タイプを選べるようになっています。

初めての人は、この3種類の何がそれぞれ違うのか分からないですが、とりあえず「XMスタンダード口座」を選んでおけば間違いありません。スタンダード口座は、1ロット10万通貨が取引単位となっています。

国内FX業者では、1ロット1万通貨が一般的ですが、海外FX業者の場合は、1ロット10万通貨単位となります。

マイクロ口座は、1ロット1,000通貨単位です。スダンダード口座とマイクロ口座の違いは、取引単位や1回あたりの最大取引量の違いくらいで、他の最大レバレッジ888倍などは変わりありません。なので、FX取引に使える資金が少ない人は、マイクロ口座を選んで口座開設をしても良いでしょう。

XM Zero口座は、スプレッド0(ゼロ)pips~変動の特殊な口座です。「スプレッドが低いからいいじゃん!」と思ってしまいそうですが、スプレッドが低い代わりに取引ごとの手数料が発生します。更に最大レバレッジは500倍までですし、最低入金額は100ドル~、全てのボーナスサービスも無しなので特にお勧めはしません。

XM口座タイプの種類

XMの取引ツールMT4とMT5

XMでFX取引や商品CFD取引をするには、取引ツールのMT4やMT5を使って注文します。

国内FX業者の取引ツールの場合、各FX業者が開発したツールなのでFX業者を変更するたびに新しいツールの使い方を覚える必要がありますが、海外FX業者はMT4とMT5でほぼ統一されているので覚えてしまえば楽です。

MT4(MetaTrader4)とは、ロシアのメタクオーツ社が開発した高機能取引ツールです。自動売買やカスタムインジケーターなど高い機能を標準で装備していますが、有料ではなく基本無料で利用できます。

MT5(MetaTrader5)は、MT4の次世代版です。次世代版といってもMT4とMT5の互換性はないので、MT4で使っているインジケータをMT5で使うということはできません。

今はまだMT4のカスタムインジケーターが多いので、MT5がリリースされたあとでもMT4を使う人の方が多いのが現状です。

XMの取引ツールMT4とMT5とは

XMへの入金方法

取引を始めるには、XMの自分の口座へ入金するところから始まります。XMへの入金は、「クレジットカード/デビットカード/国内銀行振込/海外送金/ビットコイン/e-Wallet」と、他の海外FX業者よりも多くの入金手段があります。

どの入金手段を使っても問題ないですが、一番簡単で早く口座に反映されるのはクレジットカードやデビットカードです。ただし、金融庁の規制により海外FX業者への入金が厳しくなってきているので、発行元によってはクレジットカードやデビットカードで入金できないところも増えてきています。

もし、クレジットカードやデビットカードで海外FX業者へ入金できない場合は、国内銀行振込やe-Walletで入金するのもお勧めです。各銀行の営業時間内であれば、1時間程度で金額が反映されます。

XMへの入金方法とクチコミ

 

XMからの出金方法

海外FX業者のXMから出金する方法も簡単です。出金手続きが複雑だとかサポートに理由を言わないと出金できないということはXMにはありません。

XMのマイページから出金先を選び、出金額を入力して申請ボタンを送信するだけで出金手続きが完了します。

出金先は、「クレジットカード/デビットカード/海外送金/ビットコイン/e-Wallet」の複数から選べますが、マネーロンダリング防止の規約により入金した方法が優先されます。

例えば、デビットカードで入金したことがあれば、デビットカードで入金した合計入金額までをデビットカードへ返金となります。(例:デビットカード入金履歴 5万円、10万円、3万円の場合、→合計18万円までをそのデビットカードへ返金)

合計入金額までの返金が終わると海外送金やe-Walletでの出金を選べます。

XMからの出金方法とクチコミ

投稿日:

Copyright© XMのFX口コミ・評判 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.